ハリ・コシ・潤い!美肌の秘訣、実は「便秘」にあり?!

1、肌荒れにつながるふたつのステップと、異色のストレス対策

ヒアルロン酸を多分に含む、アンチエイジング用のサプリ大人の生酵素
を紹介します。

 

 

acwork様(改変)

 

 

エイジング・ケアの大まかな方法のひとつに、肌荒れへの対策があります。
さて、この肌荒れ、どのような理由で起きるものなのでしょうか。

 

 

簡単に言えば、

 

 

ストレス → 便秘 → 肌荒れ

 

 

という流れになります。

 

 

何だか、風が吹けば桶屋が儲かるような冗談めいた、しかし、
科学的な理屈のある本当の話です。

 

そして、このストレス・便秘・肌荒れ・それぞれの段階に応じた対策が必要になる一方で、
予防や複数の対策を並行して行うことでも効果を得られます。

 

なお、当然ながら、ストレス以外の理由でも便秘になるケースも多々ありますので、
その際はこの箇所は読み飛ばしていただければさいわいです。

 

 

acwork様(改変)

 

それでは、まず、ストレスへの対策について。

 

他のページも触れましたが、中々対人関係となると、他人との相性や上下関係等もあることで、
自分の努力だけでは限界があります。

 

そこで、対人関係の調整以外にも、
ストレス対策のひとつとして、栄養面からのアプローチを挙げます。

 

 

 

具体的には、以下の成分の含まれるものを摂取することです。

 

ビタミンC ストレスに効果。
マグネシウム 神経の興奮を鎮める、血管を広げて血圧を正常に保つ。魚介類・ごま等の種実類・大豆類に多く含まれる。
葉酸 欠乏すると、鉄分不足とは異なる悪性の貧血を誘発。菜の花・ほうれん草・ブロッコリー・アボカド・いちご・そら豆・牛レバー等に多く含まれる。
亜鉛 精神的な要因の疾患に効果。魚介類・豆類・肉類等に多く含まれる。

 

 

ここで注意すべきは、精神面での不健康さの継続が体調を損なうことです。

 

そしてそうなった後は、精神面でのケアだけでは、
健康を取り戻しても、体の損傷まで取り除くことは出来ません。

 

 

一応確認しておきますが、体が壊れるのと心が壊れるのは、全く別の次元の話です。

 

 

 

 

と言いますのは、私事で恐縮ですが、

 

サイト制作者が大学受験期にストレスで十二指腸潰瘍(かいよう)を患った折、
(合否はともかく!)試験の終了によってストレスの原因を取り除くことが出来ても、

 

潰瘍そのもの完治には、
胃カメラを飲む等のような大掛かりな治療を必要とした経験がありまして。

 

 

これに付随して、少々つまらない話をしますが、

 

治療の際、通院の度に採血用の太い針の注射を打たれまして、
この注射というのが曲者(くせもの)でして、
インフルエンザの予防接種とは違い、鈍くて重みのある痛みが腕を襲うのです。

 

―そして、恥ずかしながら、子供でもないのに注射が嫌いになりました。

 

 

潰瘍と胃カメラ、そして採血用の注射。

 

サイト制作者にとっては、これらは三位一体の苦い記憶でして、
今から思えば、このサイトの制作の主要な動機のひとつと言えるかもしれません。

 

一病息災とは、良く言ったものです。

 

 

個人的な無駄話はともかく、
上記のように、対策が複雑で面倒になるレベルで健康被害を拡大させないためにも、
早めの対策を心掛けることを、おすすめします。

 

 

―もちろん、この種の不健康さは美容・美肌の大敵です。

 

 

2、美肌って、何なの?

acwork様(改変)

 

 

肌荒れにつながる、次のステップである「便秘」の話をする前に、
「肌」とは何なのかを考えることにしましょう。

 

もちろん、便秘と肌荒れの話に大いに関係します。

 

 

その前に、美肌についての根本かつ重要な考え方として確認しておきたいのは、

 

 

肌の状態=健康状態、ということです。

 

 

逆に考えれば、肌に異変があるということは、
食生活や生活習慣等の日常の生活に
何らかの不健康な部分があるということを意味します。

 

 

そう、肌は、体の内部の健康状態を測定するためのモニターのようなものです。

 

 

acwork様(改変)

 

「内面から綺麗になる」という言葉をよく耳にしますが、
この言葉は、食事や睡眠等の生活習慣がそのまま美容になることを意味します。

 

そして、服装は元より化粧品や整髪料、装身具、髪形等の選択も、性別を問わず、
日々の生活習慣によって形作られた肌や身体の状態を前提にしていることは
言うまでもありません。

 

 

因みに(ちなみに)、
肌の若さを保つ方法のひとつとして、
食事のメニューの改善等を通じて老化を遅らせる―ファイト・ケミカルズ
という概念を利用する手があります。

 

 

 

3、便秘と肌荒れとの密接な関係

acwork様(改変)

 

前置きが長くなりましたが、ここで便秘のメカニズムの話をします。

 

―総合的な便秘対策はこちらを御覧下さい。(2017年6月28日追記)

 

まず最初に、便秘が起きると、便が腸内に長く停滞することで便が腐敗します。
これによって、有害物質が発生し、悪玉菌が大量に増殖します。血行不良も起きます。

 

 

次いで、この段階で発生した有害物質が、
腸から吸収され、血液中に溶け込み、全身に到達
します。

 

そして、新陳代謝の邪魔をして、
くすみ・かさつき・吹き出物等のような肌のトラブルを誘発します。

 

―つまり、肌荒れです。

 

 

もう少し言えば、肌と体の内面を血液がつないでおり、
血液に異物が多く混入すれば、それだけ肌に異変が生じ易くなります。

 

「ポリフェノールで血液をサラサラに」といった文句も、要はこれに起因します。

 

 

もう少し余談を続けさせていただければ、

 

『ク◯レンしんちゃん』に出て来るみさえさんなんか、
日常的に便秘で苦しんでいるのですから、
既に、何らかの手を打つべき段階に入っています。

 

綺麗な方なのに、個人的にはあの生活習慣はもったいないと思います。

 

まあその、ダイエットが続かないのであれば、メニューの改善ということになりますか。

 

ただ、あの方はまだ29歳につき、体力があるのが長所。
何か対策を講じれば、回復は早いのですが。

 

 

acwork様(改変)

 

―そう、注意すべきはその逆、つまり年齢的な要因です。

 

特に40代に入ると、
代謝が衰えて栄養素の吸収率が下がる
ことで、
残念ながら、この手の肌のトラブルが起きる確率が若い頃に比べて高くなります。

 

その加齢によるダメージの上乗せを少しでも減らすために、
先述のファイト・ケミカルズという言葉や概念があります。

 

 

4、便秘の対策、それはビタミンB群の摂取

acwork様(改変)

 

腸内環境の悪化が誘発する便秘。
そして、その結果もたらされる肌のトラブル。

 

この負のスパイラルを断つための決め手となるのが、ビタミンB群の摂取です。

 

ビタミンB群が腸の働きを活性化させ、
便秘による吹き出物や肌荒れを改善するのですが、
中でも重要なのはビタミンB2。

 

これが不足するとニキビ等の肌荒れを誘発します。

 

 

さらに、40代以降の方にとって重要なのは、ビタミンB1。

 

糖質の代謝に必要でして、無論、肌の状態と表裏をなします。
後述する「糖化」との密接な関係にあります。

 

 

 

 

そして、これが慢性的に不足すると、
疲労、食欲不振、手足のしびれ等を誘発する他、
脳や神経系のエネルギーが不足し、イライラや集中力低下の原因となります。

 

 

 

さて、これまで触れたビタミンB群に加えて、
皆さんは、「乳酸菌」、「善玉菌」、という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

 

 

「乳酸菌」・「善玉菌」・「ビタミンB群」
この3者働きやお互いの関係は、大体は以下のようになります。

 

 

善玉菌は、腸内を弱酸性にし、悪玉菌を撃退します。
さらに腸の働きを活性化させ、下痢や便秘を防止します。

 

その善玉菌が合成するのがビタミンB群でして、
先述のようにトラブル肌をサポートします。
そして、善玉菌の代表が乳酸菌。

 

 

このように便秘・肌荒れ対策の根幹をなすビタミンB群。

 

 

ですが、食生活を補うのが中々難しい栄養素でして、
これを補うための秘策として挙げられるのがサプリメント。

 

 

ここでは、大人の生酵素
をおすすめします。

 

 

このサプリは、先述のビタミンB1とヒアルロン酸を大量に含むサプリで、
特に40代以降の女性の方におすすめします。

 

 

 

因みに、ヒアルロン酸はどういう成分かと言うと、
1gで6?の水を抱え込むことが可能という保水力に優れた成分で、
必要な栄養素を必要な箇所に運ぶ働きをします。

 

その他、肌との関係については、
皮膚において細胞組織の構築、細胞外液の水分調整等の働きをしています。
つまり、肌の潤いを意味します。

 

 

ところが、熱に弱く、高い分子で体内に吸収されにくいという欠点があり、
これを解決するために、サプリという形式での摂取が合理的という訳です。

 

 

 

ビタミンB群のサプリ以外の効果的な方法としては、
例えば、乳酸菌の多く含まれるヨーグルトの利用に、少しコツがあります。

 

具体的には、複数のメーカーのものを食べる方が良いのです。

 

その理由として、色々な菌を体内に摂り入れれば、
美肌は元より、同じような金額で健康面で多様な効果が見込めるからです。

 

以下は、整腸・美肌に関係ありそうな善玉菌の効果を記したものです。

 

ビフィズス菌 便通を整える。
LG21乳酸菌 整腸作用
クレモリス菌FC株 美肌効果
ガゼリ菌 プリン体を抑制

 

 

その他、栄養面以外での便秘対策としては、
例えば、以下のような方法を挙げておきます。

 

・起床時にコップ1杯の水を飲む。
・出来るだけ同じ時間帯に3食の食事を摂るよう心がける。

 

こういう具合に、栄養面や生活時間等、色々な角度からのアプローチが効果的です。

 

知っている対策の数が多ければ多い程、
生活習慣や勤務体系等、御自身の置かれている状況に応じた選択肢が広がります。

 

 

5、便秘とは違う角度から観た肌荒れ、「糖化」

 

 

先程、便秘が肌荒れの原因と説明しました。
腸や血液の異変が肌に出る、という話です。

 

今度はこれを、タンパク質という側面から観てみましょう。

 

起きていることは同じ美肌のトラブルでも、
見方によって対策が変わることを意味
します。

 

理解するのは面倒かもしれませんが、
手札が多ければ、それだけ多くの効果が見込めるというメリットがあります。

 

状況に応じて対策を使い分けましょう。

 

 

さて、体内のタンパク質と食事によって摂取した糖が結び付くことを
「糖化」
と言います。

 

糖化=酸化でして、体内の細胞の老化と言えます。

 

 

そしてこれが美容で面意味するところは、

 

コラーゲン線維の弾力低下、言い換えれば、
肌のハリがなくなり、たるみの原因となります。

 

その他、シワ・くすみが生じます。

 

 

糖化自体は避けられないことではありますが、
不健康な生活や栄養バランスの偏った食事によって進行の度合いが早まると
成人病や生活習慣病の原因になります。

 

 

acwork様(改変)

 

逆に、その進行を遅らせることも出来る訳でして、
そのための対策は、先述のファイト・ケミカルズです。

 

つまり、植物性のプロテイン=ビタミンC、
及び、抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eの摂取。

 

したがって、ここでも、大人の生酵素
の出番ということになります。

 

 

その他の糖化対策としては、
水分のまめな補給が挙げられます。

 

水を多く飲むことによって、
栄養を体内に取り込みかつ有害物質を体外に排出
つまり、代謝能力を上げることにつながるからです。

 

 

余談ながら、台湾のモデル・女優のリン・チーリンさん、
あの方は現在は分かりませんが、
ピークの時には1日に水を5リットル飲んでいたそうです。

 

苦しいが、仕事だからとのこと。

 

 

また、これらとは別の栄養素の摂取による美肌対策については、
「アマニの恵美&大麦若葉」の7章(2017年6月20日追記分)を御覧下さい。

 

6、「大人の生酵素」の使用方法および注意事項

acwork様(改変)

 

【ご使用方法】

 

・栄養補助食品として、1日1粒〜2粒を目安
水または、ぬるま湯でそのままお召し上がりください。

 

 

【保存方法】

 

・直射日光、高温、多湿を避け冷暗所で保存してください。

 

◎食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

 

公式販売サイトの文章の転載、という訳ではありませんが、
最低限の栄養を食事で摂らないことにはサプリの効果も落ちますので、
御注意下さい。

 

 

【注意事項】

 

・本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
 1日の摂取目安量を守ってください。

 

・本品は、特定保健用食品とは異なり
 消費者庁長官よる個別審査を受けたものではありません。

 

・お子様の手の届かない所に保存してください。

 

・通院中、薬を服用中または妊娠・授乳中の方は事前に医師にご相談の上、 ご使用ください。

 

・開封後はしっかりとチャックを閉め、涼しい所に保管してください。

 

・原材料で食物アレルギーの心配のある方はご使用をおやめください。

 

・ご体調やご体質により合わない場合はご使用を中止してください。

 

 

「大人の生酵素」のお求めについて

acwork様(改変)

 

定期コースで4回以上の受け取りに限り、
多少の割引に加え送料が無料
となります。

 

 

 

なお、2017年6月30日までは、2袋コースでさらに値引きが効きます。

 

 

 

商品をお求め、もしくはもう少し情報が欲しいという方は、
下記のバナーをクリックなさっていただければ幸いです。

 

口コミや効能等、ここでは省略した有益な情報が豊富に掲載されています。

 

 

 

 

 

 

【主要参考文献】
柴田丞『そのサプリ、危険です!』
日本サプリメント協会『サプリメント健康事典』
森由香子『病気にならない人は何を食べているのか』


ホーム