妊娠中でも大丈夫?!恐るべき汎用性を誇るサプリです!

1、高品質で高い汎用性を誇る疲労回復サプリ

このページでは、
疲労回復サプリ・健康家族の伝統にんにく卵黄♪
を紹介します。

 

 

 

 

ニンニクが主成分にもかかわらず臭わない、
そして妊娠中にも使える、という、
高い汎用性を持つサプリです。

 

 

 

acworks様(改変)

 

さて、人間社会に存在する疲労というものは、
実に色々なところに潜んでいます。

 

 

社会人の男性の方や、独身の女性の方であれば、
仕事疲れは元より、
割の悪いサービス残業や休日出勤ががあれば
なおさらのこと。

 

そして、こういうのが続けば、
貴重な休日の余暇さえ
疲労回復目的のゴロ寝で終わりかねません。

 

 

配偶者であれば、家事・育児、
共働きであればこれに仕事疲れも加わることでしょう。

 

おまけに家族の健康も心配しなければなりません。

 

例えば、御子さんが病気がちであったり
アスリートの予備軍だったりすると、
余計に気苦労が絶えないことと思います。

 

 

そこで、幅広い年齢層や状況に対応するサプリ
必要とされる訳ですが、

 

―それが、この「伝統にんにく卵黄」。

 

 

 

 

 

注目すべきはその高い汎用性です。

 

 

acworks様(改変)

 

 

御年寄から子供まで、
それどころか妊婦さんまで服用可能。

 

 

しかも、ニンニクを使用するにもかかわらず、
独自の製法でその風味を封じ込める、
つまり、臭わないという訳です。

 

 

―そのカラクリとは、
トウモロコシと海藻を原料としたソフトカプセルの使用。
これは日本初です。

 

 

さらに、この「伝統にんにく卵黄」は
さまざまな認証制度をクリアすることで高い品質を誇っていますが、

 

具体的には以下のようになります。

 

有機JAS
残留農薬検査
GMPマーク
安全性自主点検認証マーク

 

 

2、疲労回復のカラクリ、そしてサプリ効果を高めるための次なる一手とは?

 

 

acworks様(改変)

 

 

この「伝統にんにく卵黄」は、
疲労回復以外にも複数の効能があります。

 

それらは、大別して以下のようになります。

 

1、疲労回復
2、病気・老化防止(活性酸素対策)
3、成人病対策
4、脳の働きを活性化

 

そして、これらの効果を引き出す食材は、
主に、ニンニク・卵黄・アマニ油の3点です。

 

 

 

1、疲労回復

 

 

疲労の原因やメカニズムについては、こちら

 

 

疲労回復は、このサプリの効能の最大のウリです。

 

まず、鍵となる栄養素は、ニンニクに含まれるアリシン。

 

これは、体内でビタミンB1と結合すると、

 

アリチアミンという物質に変わり、
この結果、ビタミンB1の吸収性が高まります。

 

これは、ズバリ、疲労回復の効果を意味します。

 

 

では、そのビタミンB1をどこから調達するのか、と言えば、
ここで、卵黄の登場となります。

 

 

つまり、「伝統にんにく卵黄」には、
栄養素で言えばアリシンとビタミンB1の双方が含まれており、

 

体内でこれらの化学反応を行うことで
疲労回復となる訳です。

 

 

acworks様(改変)

 

 

しかしながら、
卵以上のビタミンB1を含む食材は身近にあります。

 

サプリの効果=アリシンの効果を活かすためにも、

 

はい芽・豚肉・レバー・豆類といった
ビタミンB1の多く含まれる食材を一緒に摂ると、

 

疲労回復の効果がさらに高まります。

 

 

―もちろん、ニンニクと卵黄の効果は、
これだけではありません。

3、ニンニク・卵黄・アマニ油の生み出すさまざまな効果とは?

 

 

acworks様(改変)

 

 

栄養素の相乗効果とは面白いものでして、

 

特にこのサプリには、そういう側面が強く、
効果的な副産物を色々と生み出しています。

 

 

2、病気・老化防止(活性酸素対策)

 

 

活性酸素とは、人間の病気の9割の原因を占める物質でして、
酸化した(古い)油を摂取したり、紫外線を多く浴びると、
体内に発生します。

 

詳しくは、「アマニの恵&大麦若葉」のページの1〜3章参照。

 

 

早い話が、「伝統にんにく卵黄」の病気・老化防止とは、
活性酸素の除去です。

 

 

そして、これを行う栄養素が、先述のニンニクのアリシンです。

 

さらに、アリシンには、殺菌・解毒の効果もあり、
細菌の感染による症状改善に役立ちます。

 

分かり易い一例を挙げれば、風邪の予防です。

 

 

stevepb様(改変)

 

 

3、成人病対策

 

 

アマニ油に含まれるDHAには、
脂肪合成・コレステロール吸収を抑制する効果があります。

 

これは、血栓や動脈硬化の防止に役立ちます。

 

 

 

4、脳の働きを活性化

 

 

卵黄の効果です。

 

卵黄には、神経細胞や脳細胞を活性化させる
レシチンとパントテン酸
が含まれています。

 

因みにパントテン酸は
疲労に効果のあるビタミンB群の一種です。

 

 

愛知県西尾市・34歳主婦

 

朝からシャキシャキと家事をする私を見て
主人もビックリしています。

 

 

4、商品の取り扱いに際しての注意事項と特徴

 

 

acworks様(改変)

 

 

ここでは、商品の取り扱いについての注意事項や、
それに付随する特徴について触れます。

 

 

お召し上がり方

 

 

1日1〜3粒を目安に水などで摂取してください。

 

・開封後はお早めにお召し上がりください。

 

・原材料をご参照の上、食品アレルギーのある方、
 また、体質、体調により 体にあわない場合はご利用をお控えください。

 

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

 

 

 

保存方法

 

 

・直射日光、高温多湿を避け、涼しい所で保存してください。

 

・開封後はパッケージのチャック部分をしっかりと閉めて保存してください。

 

・天然物素材の特性上、内容物の色むらなどが見られることがありますが、品質上問題はありません。

 

 

続いて、商品の特徴等について触れます。

 

 

acworks様(改変)

 

 

・ソフトカプセルの使用により、噛まずに(かまずに)飲めば臭いは大丈夫。
 接客業の方も大丈夫。

 

 

鹿児島県鹿児島市 坂元恵子様・37歳
愛用歴1年3ヶ月

 

仕事の時間が不規則になりがちなので、
体力が勝負です。

 

昼食後に1粒、夜寝る前に1粒飲んでいます。

 

お客様と接する仕事なので
においを気にせず続けられるのもうれしいですね。

 

 

 

飲むタイミングはいつでもいいが、消化吸収が良い食中か食後が理想。

 

・摂取目安はあくまで目安で、過剰摂取も可能。

 

 なお、製造元では過剰摂取試験も行っており、
 心配であれば、相談可能。

 

 株式会社健康家族 0120−550−229
 月〜金8:00〜21:00、土・日・祝日9:00〜17:00

 

・卵黄のコレステロールは微量。
 1粒あたり約1mg

 

妊娠中や授乳中の方でも使用可。
 着色料・保存料は不使用。

 

 なお、効果や副作用には個人差があり、
 妊娠中は体調も変わりやすいことで、

 

 心配であればかかりつけの医師に相談すべき。

 

 

 

京都府京都市 井内麻貴子様・33歳
愛用歴・5年8ヶ月

 

「子育て中自宅に届くのが有難い!」

 

第1子が誕生。

 

妊娠中はつわりがひどく、思うように食事が取れなかったのですが、
健康家族の健康食品は安心して飲めました。

 

今も体に足りないと感じる栄養を組み合わせながら
愛用しています。

 

小さい子どもがいると買い物も大変ですが、
毎月定期的に自宅に届くのは本当に有難いですね。

 

 

 

・胃腸の弱い方は、食後に飲み、1粒から試すのが理想。

 

 

5、公式販売サイトのメリットは定期購入コース

 

 

acworks様(改変)

 

 

「伝統にんにく卵黄」はさまざまな通販サイトで取り扱われていますが、

 

その中で、公式販売サイトのメリットは、
関東のみならず全国送料無料という点。

 

 

さらに、「毎月お届けコース」を利用する場合は、
送料無料に加えて、販売価格が1割引になることです。

 

加えて、お買い上げの金額に応じて毎回ポイントが溜まり、
それが値引きや商品交換に使用可能です。

 

単発購入・初回購入 1382円(送料無料・税込)・31粒
毎月お届けコース 1243円(送料無料・税込)・31粒

 

 

 

 

ただし、どのようなサプリも、
効能や相性に個人差があります。

 

残念ながら本製品は初回割引はありませんが、
幸いにして、単発も定期と変わらず税込・送料無料です。

 

初めての方におかれましては
単発の御購入で
効果や相性を試すことをおすすめします。

 

 

 

お求めの方、もしくは商品情報がもう少し欲しいという方は、

下記のバナーから公式販売サイトを来訪されることをおすすめします。

 

 

 

 

acworks様(改変)

 

 

トップページ

 

 

【主要参考文献】

 

青木晃『アンチエイジングダイエットで老化を防ぐ40歳からのタイプ別ダイエット診断』
日本サプリメント協会『サプリメント健康事典』
森由香子『病気にならない人は何を食べているのか』
田中平三・高橋英孝監修『本当に効く食とサプリ』


ホーム