30代以下の目の疲れのサプリといえばコレ!

1、パソコン・スマホの手放せない日常生活

 

さっそくですが 、皆さんはパソコンやスマホで目が疲れていませんか?

 

acwork 様(改変)

 

 

目の疲れ方には色々あるのですが、その中で、年齢による視力の衰えというよりは
仕事や趣味でいちじるしく目を酷使する、という方におすすめするのが、
この「スマホえんきん」

 

 

興味をお持ちの方は、下記のテキストをたどってください。

 

 

 

パソコン・スマホのあとも疲れ目知らず?スマホえんきん

 

 

 

初回限定で送料無料・税込780円で買えるうえに、
目の疲労の回復に効果の高いアントシアニンやビタミンB群が豊富に含まれています。
さらには、同じ価格帯の製品の中では、非常にコスト・パフォーマンスにすぐれているのが特徴。

 

 

 

 

因みに、私は初回限定価格を利用のうえ、実際に服用しました。
パソコンに数時間向かった後での服用。

 

黒色無臭の個体で、味はなく、水で飲んだ時は、特にむかつき等の違和感は感じませんでした。

 

ただ、飲んだ直後は、少し頭がボーっとしまして
心なしか、頭が少し軽くなったような。

 

続きは後日、追記というかたちでレビューいたします。

 

 

 

【追記】2017年5月12日

 

 

 

 

スマホえんきんを3週間程度飲み続けた結果、確かに、
以前に比して目が疲れにくくなったと思います。

 

例えば私の場合、朝パソコンを立ち上げて作業を開始すると、
午後2時頃には目や頭に大きい疲れが来たものです。

 

 

ところが、このスマホえんきんの服用を始めるや、
その疲れが大分緩和され
疲れが来る時間も2、3時間程度遅くなった気がします。

 

 

 

 

 

―さて、サイト運営者の私は30代後半の男性でして、
仕事の関係で日に何時間もパソコンに向かっており、
そのうえ趣味もゲームという具合でして、
ある部分は自業自得とはいえ、目の休まる暇(いとま)がありません。

 

 

acwork 様(改変)

 

 

まして、パソコンよりもスマホに重点を置いて使用される方ともなれば、
端末が生活に密着している度合いが高いことで、
やはりこれも目の疲労が加速する原因には違いありません。

 

はたして今の世の中、株式会社ファンケルさんの調査によれば、
なんと、現代人の86.2%が疲れ目に悩まされています。

 

ですが、いくら目が疲れるとはいっても、まさか端末を手放すわけにはいきませんよね。
趣味だけであればともかく、仕事や生活にも支障が大き過ぎます。

 

 

 

ところがその一方で、目の疲れを放置すると、
生活のリズムがくずれ、不眠・老け顔・仕事がはかどらない、といった悲惨な事態を招きます。

 

その結果、対人関係に大きな支障が出たり、出かけるのが面倒になったり、
何ひとつとして、いいことはありません。

 

2、目のサプリの選び方、ポイントは成分と価格

 

そこで、日常的な目のケアの方法のひとつに、サプリを使うことが挙げられます。

 

acwork 様(改変)

 

 

 

ですが、先に触れましたように、目の疲れ方にも色々ありまして、
当然ながらそれに連動するかたちで目のサプリも多種多様です。
したがって、数あるサプリの中で、対費用効果をにらみながら、
疲れ方に見合ったものを選ぶ必要があります。

 

その基準として、まずは成分が重要。
目の疲れ方によって必要とされる成分は異なりますが、
年齢によっては、まだ不足を心配しなくてもよいものもあります。

 

 

例えばルテインがその好例。
確かに、ルテインは網膜の保護に必要な成分です。
そして、大半の目のサプリは、
このルテインの含有量をセールス・ポイントのひとつにしています。

 

ところが、この成分の分泌力が衰えるのは40代以降の話。
つまり、個人差こそあれ、大半の30代以下の層は、
医学や栄養学の常識からすれば
ルテインを大量には必要としていないことになります。

 

ルテインの含有量をアピールするサプリが多い理由として、
市場の原理で老眼対策のサプリの需要が大きいことが、
その背景にあると思います。

 

 

ここで注意すべきは、信用力のあるサプリを選ぼうとすれば、
買い手が、例えルテインを必要としていない年齢層であっても
そうしたものを選択肢に入れてしまう可能性があるということです。

 

 

 

 

acwork 様(改変)

 

 

続いて、目のサプリを選ぶための重要な基準は価格です。
価格も重要で、月当たり100円、200円程度異なる程度であればともかく、
品質によっては倍程度の価格差があるケースも。

 

価格帯が高ければ、それだけ有効な成分が多く含まれているわけですが、
当然ながら経済的な制約は常について回ります。

 

そのうえ、初めからスペックの高いものを選び、
いざ使用した段階で効果がなかった、あるいは体質に合わなかった、
というようなことがあれば、
それに伴う落胆や金銭的・精神的な苦痛も大きいことでしょう。

 

 

 

と、なれば、まずは自分の目の疲れ方への対処に必要な成分を調べ、
そのうえで、それを満たすサプリの中で対費用効果に優れたものを選ぶ、
という作業が必要になろうかと思います。

 

 

3、疲労回復の切り札・アントシアニン、そしてビタミンB群

ここでは、「スマホえんきん」の特徴について考えます。

 

まずは、ファンケルさんのアピールする「スマホえんきん」の成分をみてみましょう。

 

1日2粒あたり、
ビルベリー由来のアントシアニン 57.6mg
ビタミンB6  20mg
ビタミンB2  1.4mg
ビタミンB1  1.2mg
ビタミンB12 僅少
ルテイン    1mg 

 

 

注目すべきは、やはりビルベリー由来のアントシアニン。
アントシアニンには、目精疲労や視力改善に非常に効果のある成分。
網膜の保護に必要で、即効性も高いです。
そして、これだけの含有量は、業界でも屈指のものです。

 

のみならず、アントシアニンには目のみならず、
体そのものの疲労を回復させる効果もあります。
これは、目の疲れが体の疲労に転移することを防ぐねらいもあります。

 

そして、大半の目のサプリがルテインとこのアントシアニンの含有量をアピールする理由も、
この点にあります。

 

 

また、見落としてはならないのがビタミンB群の含有量。
ビタミンB群も目の疲れに効く成分なのですが、
こちらは神経細胞の必要とする栄養。

 

特に含有量の多いビタミンB6は、
眼精疲労、目の炎症、貧血等に効果があります。

 

 

 

つまり、アントシアニンとビタミンB群の並外れた含有量によって、
目の老化防止よりも疲労回復に重点を置いたサプリであることが分かります。

 

 

それは、同じファンケルさんの老眼対策用サプリの「えんきん」の主要成分が
DHC50mg、ルテイン10mg、アスタキサンチン4mgであったこととの比較で、
より鮮明になることと思います。

 

4、30代以下の層向けの目のサプリが少ない中、驚くべき対費用効果

 

この【スマホえんきん】、目のサプリとしては
老化防止より疲労回復に重点を置いたものですが、
類似する製品の中では、どのような位置付けにあるのでしょうか。

 

 

acwork 様 ・GDJ様(改変)

 

 

 

結論から言えば、アントシアニンの含有量が多い目のサプリの中では、
成分のバランスもコストパフォーマンスも非常によいと言えます。

 

 

例えばアントシアニンの含有量が62.9mgの「めなり」は月当たり3000円程度。
ルテインは12mgありますが、ビタミンB群は【スマホえんきん】の数分の1以下。

 

また、「北の国から届いたブルーベリー」や「大正ブルーベリー」等、
「めなり」以外のルテインの含有量が多いタイプの製品も、価格帯こそ低いものの
ビタミンB群の含有量は僅少です。

 

 

一方で、【スマホえんきん】のように、
アントシアニンの含有量が多い代わりにルテインの含有量が少ない、
つまり、ルテインの含有量を削ってコストを抑えた30代以下の層向けの製品は、
実は種類自体が少ないのが現状。

 

さらにその中で、例えばDHCさんの「はっきり」は、
【スマホえんきん】に比して、価格はやや高めながら、
アントシアニンは96mgと豊富ですが、ビタミンB群は僅少。
この当たりの成分のバランスの悪さが、
恐らくは効果の範囲を狭め、結果として、評価を下げているのだと思います。

 

また、ヤクルトさんの「ブルーベリールテイン」は、
アントシアニンが62.5mg、ルテインが6mg、
そしてビタミンB群が合計25mgを越える高機能ぶり。

 

ですが、1ヶ月あたり3300円と、【スマホえんきん】の倍以上。
経済的な余裕の少ない若年層には、
結果としてどのような選択をするにせよ
立ち止まって考える時間が欲しいレベルの価格差だと思います。

 

 

以上のことから、
初めて目のサプリを使用する30代以下の皆さんにとっては、
幅広い疲労回復効果が見込め、驚く程の低価格のこの【スマホえんきん】は、
ロー・リスク、ハイ・リターンという点で、非常に魅力的な選択ではないでしょうか。

 

 

加えてこの製品、
初めての方には驚くべき特典が付いていたりします。

 

 

5、ダメ押しの最安値購入法、返金補償もアリ!

 

では、この【スマホえんきん】、どこで買えば得なのでしょうか。

 

 

acwork 様(改変)

 

 

結論から言えば、ファンケルさんの公式販売ページで買うのが一番の最安値。
さらに、初めての方には、格安のお試し価格で、
そのうえ効果がない場合には全額補償も効きます。

 

 

【ファンケル】20代からの「疲れ目対策」にはスマホえんきん

 

 

他はどうでしょうか。
まず2017年4月上旬の段階で、通販での取扱いは、
ファンケルさんの他は楽天さんとヨドバシカメラさんのみ。

 

 

【楽天さん】

 

税込みで1350円(30日分・60粒)+送料・最低410円。

 

最低でも1粒あたり29.3円。

 

 

【ヨドバシカメラさん】

 

税込み送料込みで1560円(30日分・60粒)。

 

1粒あたり、26円。

 

 

【ファンケルさんの販売HP】

 

初回限定ですが、

 

税込み・送料込みで、780円(28日分・56粒)。

 

1粒あたり14円。

 

 

こうなると、初めての方にこそ、間口が開かれているようなもので、
これを利用しない手はありません。

 

 

 

【スマホえんきん】をお求めの方、もしくは商品についてさらに詳しく知りたい方は、

下記のバナーからどうぞ!!

 

 

 

acwork 様(改変)

6、パソコンの大敵、眼精疲労とドライアイ (【追記】5月12日)

 

acwork 様(改変)

 

人間はモノを見る時、
レンズの役目を担う水晶体の厚さを
毛様体筋という筋肉を使って調整し、
遠近でピントを合わせます。

 

ところが、パソコン作業等で近くばかりを見ると、
毛様体筋の緊張状態が続き、筋肉が疲労します。

 

これが眼精疲労の正体。

 

 

また、パソコン画面をみつめているとまばたきの回数が減り、
涙の量が少なくなって目の表面が乾き、
ドライアイの原因になります。

 

ドライアイになると角膜の表面が傷つき、
炎症を起こしやすくなります。

 

 

このような目の疲れは、
頭痛や肩こり、イライラなどの症状を引き起こし、
集中力や注意力が低下します。

7、サプリ以外にも、少しの工夫で効率性のある対策を! (【追記】5月12日)

 

momongapro 様 (改変)

 

 

何事にも、その対策には多角的な方法で臨むと
効果が大きいもの。

 

 

サプリの効果を少しでも大きくするために、
補助的な方法をいくつか挙げておきます。

 

 

まず、不足する栄養分をサプリで補うこと以外に、
消耗を避ける手もあります。

 

古典的な方法ですが、
パソコンを扱う際には室内の照明を確保し、
画面との距離を50cm以上は取りましょう。

 

また、1時間作業したら10分程度休憩を取り、
遠くを見て毛様体筋の緊張をほぐしましょう。

 

 

また、疲れた時に、こめかみに冷たい物を当てるのもひとつの方法。

 

仕事中に手軽に冷蔵庫が使える方は、
保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせたものなどを準備しておくと
良いと思います。

 

 

8、目の疲れに効果的な献立は、ズバリ和食?! (【追記】5月12日)

acwork 様(改変)

 

 

さらに別の観点からは、
食事で効果的な栄養素を補うという点では、
大枠のメニューとしては和食が非常に適しています。

 

 

目の疲労に効果的な栄養素
関連する食品を下記の表にまとめました。

 

ビタミンA 目が光りを感じるのに必要なロドプシンの主成分。 【食品】緑黄色野菜、レバー
ビタミンB1 視神経の働きを良くする。 【食品】玄米・胚芽米・豚肉料理・たらこ(焼)
ビタミンB2 同上。 【食品】卵・納豆・乳製品・うなぎ・レバー・鯖(さば)

 

 

具体的には、ビタミンAですと、従業員食堂が活用出来る方は、
かぼちゃの煮物やほうれん草のおひたし等が定番でしょうか。

 

 

摂取の難しいビタミンB1は、
洋食ですと、ハムや豚肉のソテー等がポピュラーなので組しやすいのですが、
和食でしたら、例えば、
週1回、あるいは2週間に1回、というように、
適当な間隔を開けてトンカツ定食やカツ丼を食べる、といった手があります。

 

加えて、残念ながら、
精米後の白米はビタミンB1の含有量が少ないのです。

 

 

なお、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎといった
アリシンの含まれるものと食べ合わせると、
ビタミンB1の吸収率が上がります。

 

 

 

その意味では、カツ丼は後述する卵・玉ねぎが含まれることで、
若い方が定期的に食べるメニューとしては
適していますね。

 

 

一方、ビタミンB2となると卵や納豆、鯖といった、
和食のメニューとしては、日常的な食品で補うことが出来ます。

 

 

ここまでですと、納豆の好き嫌いなどを除けば、

 

低カロリーで食べ合わせが良さそうだという意味では
目の疲労には洋食よりもやや和食が有利か、
という程度ですが、実はこれには続きがあります。

 

 

そのキモとは、和食の栄養的な要(かなめ)である味噌汁の存在です。

 

目の疲労からは主旨が外れるかもしれませんが、
デスクワークの方に多い生活習慣病対策に抜群の効果があり
他の食品の栄養の吸収効果を飛躍的に上げます。

 

 

さらに、低コストで手軽に取ることが出来、
他のメニューとの食べ合わせの良さを考えれば、
これ程汎用性の高いものもないと思います。

 

 

9、独身・ものぐさ御用達、熱湯があれば30秒で味噌汁が?! (【追記】5月12日)

味噌汁の話ついでに、
少し怪しいですが、実用的で簡便な作り方も記しておきます。

 

acwork 様(改変)

 

 

これは参考になるのか分かりかねますが、
例えば独身・一人暮らしの私の場合、

 

 

味噌汁用のお椀に
スプーン1杯程度の少量の生の味噌、ダシ粉を少々、
そして、少量の切り揚げや豆腐といった
(魚肉の生身以外の)賞味期限内の具材を入れ、
最後にポットで沸騰させた熱湯でそれらを溶いて
食べています。

 

 

具材の食中毒が怖い、
あるいは具材が面倒だ、という方は、
味噌とダシ粉だけでも充分だと思います。

 

 

低価格帯のファミリー・レストランが出す味噌汁と同じ要領です。

 

 

自身のいい加減な性格と、
保存料が入っていて1杯の単価が高い割にはあまり美味しくない
カップ・タイプの味噌汁が好きになれないためです。

 

 

因みに、味の調整が効くうえに、
手間がかからず驚く程安く付くのがメリットです。

 

 

味噌とダシ粉だけであれば、
作り置きの悩みのタネである賞味期限は
あまり考える必要はありません。

 

また、光熱費を除けば、1杯あたりのコストは
10円程度ではないかと思います。

 

 

私はこういうのを10年位やっていますが、
幸いにして、今のところ一度も食中毒にはなっていません。

 

試される方は、自己責任で御願い致します。

 

 

もっとも、魚でダシを取ったり、豚汁を食べる時には、
熱処理以外にもダシの旨味の関係もあることで
ある程度長い時間煮ますが。

 

 

acwork 様(改変)

 

スマホえんきんの公式販売ページ

【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん

 

 

 

 

 

10、加齢黄斑変性症の予防・対策 (【追記】6月15日)

大体の眼のケアに効果のある栄養素は、以下のようになります。

 

βカロテン
ビタミンC
亜鉛
アスタキサンチン
DHA
αリノレン酸
ルテイン等

 

 

その一方で、
加齢による眼のダメージもありまして、
代表的なものは加齢黄斑変性症でしょう。

 

加齢黄斑変性症とは、加齢によって黄斑部が変化し、

 

・視野の中心部が見えなくなったり、物が歪んで見える。

 

・視力が低下する。

 

等、の症状を持つ病気です。

 

 

比較的進行の遅い萎縮型と、
急速に進行して失明に至ることのある滲出型(しんしゅつがた)とがあります。

 

欧米の主な失明原因であり、日本でも増加しているようです。

 

 

効能には個人差がありますが、これに効くのはルテイン魚油

 

魚油の中のDHAには予防効果があります。
また、ビタミンB12を葉酸およびビタミンB6等のビタミン類と同時に摂取すると、予防に役立ちます。

 

その他、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛の摂取によって
症状が抑制されたという研究もあります。

 

 

【主要参考文献】
柴田丞『そのサプリ、危険です!』
日本サプリメント協会『サプリメント健康事典』
森由香子『病気にならない人は何を食べているのか』
田村忠司『サプリメントの正体』
田中平三・高橋英孝監修『本当に効く食と食とサプリ』


ホーム