ニキビの治療も、まずは栄養面から

1、手っ取り早いビタミンの摂取のためのサプリメント

 

 

特に、不足しがちなビタミンBを中心に
1日に必要なビタミンを網羅的に手っ取り早く補うことの出来るサプリ、
「パーフェクトビタミン」を紹介します。

 

 

 

ビタミン不足が老化や病気の原因になることは言うまでもありませんが、

 

逆に、食生活を改善し、積極的に野菜を摂取することによって
心身が健全な状態に保たれることで、

 

それによってもたらされる知恵と行動力に溢れた(あふれた)
充実した時間を過ごすことが出来ます。

 

 

 

acwork 様(改変)

 

 

のみならず、将来に発生するであろう多額の老後の医療費
大幅に削減することにも寄与します。

 

 

―ある統計によれば、
老後の予想外の支出の中で一番大きいもの
この医療費だそうです。

 

 

「パーフェクトビタミン」は、
その手助けをするサプリメントです。

 

 

ビタミン不足や食生活の乱れがもたらす危険
詳しいメカニズムについては、
こちらのページをご覧下さい。

 

 

同ページの概要は、
体に悪い油の摂取によって体の細胞の酸化が進行することで、
その防止のカギを握るのがビタミン、という点です。

 

そう、ビタミンの不足は疲労・老化・肌の劣化の元凶でもあるのです。

 

 

2、ニキビはなぜ、出来るの?

 

acworks様(改変)

 

ビタミンの不足は肌の状態にも悪影響を及ぼします。
肌のコンディションは体内の栄養バランスや生活習慣の状態を映すモニターのようなものです。

 

 

そのメカニズムは、本サイトのこちらのページで詳しく説明します。

 

早い話、肌と栄養、生活習慣は、腸の働きを通じて密接な関係があり、

 

それらの状態が悪い場合の自覚症状が便秘
そして、肌に表れるサインのひとつが肌荒れ、という訳です。

 

―次に触れるニキビも、こうしたサインのひとつです。

 

 

 

特に若い方にとっては、顔等に出来やすいニキビ。
その治療、なかなか面倒ですよね。

 

 

 

焦って力任せに落とそうとすれば、跡が残ってしまいますし、
逆に、潰さず慎重に落とそうとすれば、どうしても時間がかかります。

 

また、ニキビに良いとされる甘酒などの食品にしても
効果は個人の肌質によってさまざまで、
万人に即効性のある方法は恐らくありません。

 

そして、皮膚科に通院しても
漢方薬・ビタミン剤・炎症をおさえる薬を処方されるだけで、
それ以上の治療法を期待出来るものでもありません。

 

 

1、皮脂の過剰分泌

 

2、ホコリ等の洗い残し

 

3、ターン・オーバーの乱れ

 

 

この中で、2、ホコリ等の洗い残し、は、
薬品を肌質に合うものに変えたり、
無暗に洗いすぎて乾燥をするのを避けたりといった
多少の工夫でかなり改善します。

 

ですが、
1、皮脂の過剰分泌、3、ターンオーバーの乱れ、
これらの原因は、生活習慣の乱れが理由です。

 

 

その意味では、先述のように、
ニキビは日頃の生活における危険シグナルのようなものでして、
特効薬のない風邪と似たような部分がありますね。

 

 

3、中でも厄介なのは、皮脂対策

acwork 様(改変)

 

さて、先述のニキビが出来る3つの原因。

 

この中で、2、ホコリ等の洗い落としは、
薬品のチョイスや洗い方で対応可能。

 

加えて、3、ターンオーバーの乱れは、
生活習慣、殊に適度な運動量・睡眠時間の確保で対応可能。

 

ですが、1、皮脂の過剰分泌は、
身近な部分の改善だけでは難しいかもしれません。

 

 

確かに、皮脂の過剰分泌の原因は、
ストレスや睡眠不足によって
ホルモン・バランスが崩れることも一因です。
必ずしも食事だけが原因とは言い切れません。

 

 

acwork 様(改変)

 

ですが、それ以外にも、
動物性たんぱく質・脂質・糖質の過剰摂取
―つまり、脂っこいもの、甘いものの食べ過ぎ、
があります。

 

 

しかし、食生活を改善すると一言で言っても、
働きながら自炊するというのは難しいでしょうし、
何より、食事そのものに気を遣ったところで、
ニキビ肌に効果のあるビタミンB群の不足を補うのが難しいのが
現代日本の食生活の現状。

 

その理由として、食品の栄養価自体が、
食事が健康の元とされた半世紀前の
何と、数分の一
しかないのです。

 

二毛作・三毛作の連続による耕地の疲弊のためです。

 

4、皮脂抑制のためのビタミン不足には、サプリを活用するのも手

acwork 様(改変)

 

ニキビ対策は元より、
日常的な健康維持の大本が食事であることには変わりません。

 

しかし、食事療法としてニキビ対策を心掛けるのであれば、
効果的なサプリや栄養機能食品等を活用するのも手です。
皮膚科がビタミン剤を処方するのも、これが理由です。

 

また、これらは法律上は「医薬品」ではなく「食品」ですので、
薬と併用の際の副作用を心配する必要はありません。

 

ただし、食品と同じように、
個人によって体質に合うか合わないかはありますので、
合わなければ使用を中止すべきですが。

 

 

さて、ニキビ対策に効果的なサプリですが、

 

ここでは、ハウスウェルネスフーズの開発した
「パーフェクトビタミン」を挙げます。

 

ビタミン全13種類をぎゅっと1粒に!「1日分のビタミン」

 

補うのが難しいビタミンB群を筆頭に、
13種類のビタミンが配合されています。

 

ニキビ対策などのような、肌のケアにも効果が見込めます。

 

 

 

5、健康・美容の土台は、生活習慣・食生活の身近な工夫から

acwork 様(改変)

 

ここでは、ニキビ対策のひとつとして栄養補充のためのサプリを勧めました。

 

しかしながら、
改めて、心掛けて欲しいのですが、

 

どのような健康法であれ、
食生活・生活習慣が乱れていては効果が激減
します。

 

 

そこで、これを立て直すために、
身近な範囲で、多少なりとも工夫を凝らしましょう。

 

 

 

例えば、簡単な方法で生活習慣を整える方法として、

 

当サイトのこちらのページにて
いくつかの方法を紹介しております。

 

規則正しい生活や、少しでもそれに近付けようとする工夫は、
代謝の効率性を上げ、体のコンディションを飛躍的に向上させます。

 

こうした努力が、結果としてニキビ等の肌のトラブルの防止につながるのです。

 

 

繰り返しますが、肌は健康のモニターです。

 

サプリの摂取等でケアの手間をある程度省くことは出来ますが、
最善の方法は、ほんの少しでも生活習慣を見直そうという姿勢です。

 

 

 

 

acwork 様(改変)

 

その他、手軽な栄養補給として、
以下のような方法も挙げておきます。

 

 

例えば食事について言えば、仕事が多忙の際には、
手っ取り早く飲食出来る野菜ジュースやパン・おにぎり、
サプリ等を手元に常備します。

 

空腹の時間を極力作らないようして、
胃腸への負担を軽減
するためです。

 

人体は、空腹の時間が長ければ、
少しでも多くエネルギーを抱え込もうとします。
その結果、代謝を遅らせることで健康を損ないます。

 

 

言い換えれば、小まめに軽い食事を取ることで
体内に余計なエネルギーを抱え込まければ、
皮脂抑制は元より、
コレステロールの過剰摂取等に起因する
この種の生活習慣病の予防に効果
があります。

 

もちろん、美容にも効果があります。
と、言うよりは、
健康と美容は、腸を通じて表裏一体です。

 

 

―このようなかたちで、
可能な範囲で工夫すべきです。

 

 

acwork 様(改変)

 

―と、言いますのは、

 

私の周囲にも、
こういうささやかな配慮―特に食生活面での配慮を怠り、
結果として、身を持ち崩す方が少なからずいらっしゃいます。

 

身を持ち崩して美容などに悪影響が出た場合、
そのケアのために、高い治療費や医薬品、化粧品の購入という
途方もなく大きなツケ
を払わされます。

 

その意味では、体はウソを付きません。

 

そして、そのツケ払いで
旅行や美食といった人生の楽しみを棒に振るのは
悲しいこと
だと思います。

 

6、「パーフェクトビタミン」の使用上の注意、および購入価格

質問:

薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?また、いつ飲むのが良いのでしょうか?

食品ですので、普段の食事と変わりなくお召し上がりいただけますが、
ご心配な方は、一度かかりつけの医師にご相談ください。

 

また、決まった時間はございませんのでお客様の続けやすい時間にご飲用ください。

 

質問:
「1日分のビタミン」は、どんな人が飲んでいますか?

不規則な食生活や生活リズムの乱れ等で、毎日の栄養バランスが気になる方に、
健康なカラダづくりの基本としてご利用いただいています。

 

なお、初回限定で送料無料・税込、1286円でお買い求めいただけます。

 

どのような医薬品やサプリでも実際の効果には個人差があることで、
効果がない場合に備えてご活用ください。

 

 

 

 

お求めの方、もしくはもう少し商品の情報が欲しいという方は、下記のテキストから。

PERFECT VITAMIN「1日分のビタミン」

 

 

 

 

 

トップページ

 

 

【主要参考文献】

 

柴田丞『そのサプリ、危険です!』
鶴見隆史『腸は酵素で強くなる!』


ホーム